土地の境界トラブルを裁判なしで解決を図る筆界特定制度 現

土地の境界トラブルを裁判なしで解決を図る筆界特定制度 現

土地の境界トラブルを裁判なしで解決を図る筆界特定制度 現。質問者の誤解手数料は収入印紙で支払ったので、収入印紙の発売元の財務省の収入になります。現在の土地所有者を確認するため、法務局へ行き、局内の民間法人の発行する要約書を有料で買わされました 国民へ公開されている登記データを、民間会社が売っている訳ですが、違法じゃないですか 同会社は法務局( 国)から登記簿情報を得て(有料 )いるはずですが、法務局(国)は同情報を一民間会社に売って問題は無いのですか そもそも、国民(自分)の情報を入手するのに、なぜ有料なのですか 情報を提供する手数は公務員の仕事ではないですか 手数に係る対価はすでに給与として支払われています 法務局。法務局からの重要なお知らせ感染症に関連する差別的取扱いの防止について-
新型インフルエンザ等対策特別措置法が改正されました-法務省HP令和
2令和元年台風第19号への対応について令和元年度登記簿等の公開
に関する事務乙号事務民間競争入札実施要項について東日本大震災への
対応について東日本大震災で被災した土地?建物を取得した場合等の調整割合
について登記申請手続についてのお問合せは各法務局の登記相談窓口でお受け
しています。

土地の境界トラブルを裁判なしで解決を図る「筆界特定制度。法務局が行っている「筆界特定制度」を活用すれば。裁判をしなくて も。境界
トラブルを早期に解決することができます。その後に。分筆や合筆の登記手続
により変更されていないかぎり。登記されたときの区画線がそのまま現在の筆界
となり筆界特定制度とは。土地の所有者の申請に基づいて。筆界特定登記官が
。民間の専門家である筆界調査委員の意見をにすることを求めている場合には
。土地家屋調査士会境界問題相談センターまたは裁判所有権確認訴訟

質問者の誤解手数料は収入印紙で支払ったので、収入印紙の発売元の財務省の収入になります。収入印紙での支払いは、全部が財務省の収入です。領収書の収入印紙も同様。なお、民間会社は、印刷業務や交付事務をしているだけ。競争入札で会社は決められます。交付手数料を貰うだけ。何をいっているか解りません???印紙代は財務省、民間法人なぞ入っていません。アナタの質問そのまま法務局で主張してはどうだろう??そのおかしな頭脳を的確に指摘してくれる。ここだからいいのか? NETなら恥はいいか?民事法務協会の登記情報サービスは、法務局で取得する公印が押される謄本と違い、証明力を保証するような内容ではありません。また、会社ではなく財団法人です。国民自分の情報を入手するとあなたは言いますが。住民票、印鑑証明書、戸籍は公文書。登記記録などは公正証書なので、あくまで発行の権限や証明書作成の責任は公務員にあります。責任がある以上、維持費として対価を請求するのは当然な話かと。あと国民には納税の義務があるので、共産圏の国でもあるまいし、必要な時にしか取得しない記録まで無料にする理由などありません。

No comments.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です