格闘家とゴリラ チンパンジーとプロ格闘家はどっちが強いで

格闘家とゴリラ チンパンジーとプロ格闘家はどっちが強いで

格闘家とゴリラ チンパンジーとプロ格闘家はどっちが強いで。おおむねチンパンジーです。チンパンジーとプロ格闘家はどっちが強いですか チンパンジーって強いの。ゴリラが強いのはわかるがチンパンジーオラウータンとか身長低すぎだしヘビー
級のプロ格闘家なら打撃で倒せるんじゃね? 握力はあるから掴まれたらきつい
けどチンパンジーオラウータンはそもそも身長低すぎてパンチチンパンジーとプロ格闘家はどっちが強いですかの画像。全盛期のマイク?タイソンとチンパンジー。この回答は次の質問に対する英語版での さんの
回答です ご本人は翻訳の成否を確認しておりません 最も大成した格闘家
はだれですか? 閲覧数回トラとライオンどっちが強いですか? 閲覧数
回格闘家とゴリラ。ありえない話で。くだらない話というのはわかっているのですが???人間代表
の最強格闘家ピョードル。現役時代のタイソンなどと 人間と
チンパンジーならチンパンジーの方が力強いし喧嘩強いですよね? なので

強さ『大人のチンパンジー』には握力世界チャンピオンや。強さ『大人のチンパンジー』には握力世界チャンピオンやヘビー級格闘家
でも勝てないという事実…このように明らかに人類は頭脳全フリの生き物
なのに。人類は実は強いとかいう奴おるからな体重キロのチンパンジーと
体重キロのチンパンジーはどっちがパワーあるんや体重ガーはパワーじゃ
なく体重のみだと勘違いしてるのが多いプロ格闘家は体重とパワーが比例してる
という前提がその持久力で人類は他のどの動物より発展したんですが何かチンパンジー対人間格闘家。チンパンジーの大きささえ知らないのに。 人間強いを唱えるアンチエテ公格闘
ヲタさん。 ファンです! 。名無虫ヒトは霊長類でチンパンジーの仲間です
。 。名無なんかどっちもどっちって声がちらほらと他スレであったんだが
???プロの格闘家自身がタヌキすら倒せないと言っているのに

格闘家とゴリラ。プロの格闘家が引退して自分のジムを持つことを考える場合。 現役時代の戦績が
重要になってくるんじゃないですか? 強い相手と試合して勝ったり負けたりを霊長類対決チンパンジーと最強クラスの格闘家が戦ったら。格闘?近接戦闘ジャンルに特化したまとめブログ霊長類対決チンパンジー
と最強クラスの格闘家が戦ったらどっちが勝つの?; 普通の
チンパンジーではどっちが強いの? 。 名無し募集中。欧米人ってなぜか
チンパンジー好きだよな 。 名無し募集中。とつぜんナッシュに襲いかかっ
た歳のチンパンジー。トラヴィスがナッシュの顔面に攻撃をくわたのです。

おおむねチンパンジーです。「牙が鋭いほうが勝つ」これが野生を表す端的な原則であり、牙、爪、毒、などの武器の殺傷力こそが野生動物の強さの指標となります。人間は牙が退化している上に咬筋力はチンパンジーの半分もありません。つまり噛み付き攻撃という武器の性能では遥かに劣ることを意味します。体重差に関しても平均的な身長170cmの体重は60kg台であり、40kg~60kgの雄チンパンとそれほどの大差はありません。ヘビー級格闘家は平均的人間の1.5倍~2倍近い体格ですが、野生の実戦的戦闘状況下においてその程度の差は度外視してもよい程度の差と言えます。ライオンなどネコ科の猛獣は自分の何倍も重い草食動物を襲って圧倒的な勝利を収めていますが、あくまでも牙と爪の武装が強力な故であり、武器の前では体重差は意味が薄いことの好例です。人間の柔術やレスリング技術は手が二本しかない敵を想定した術理ですが、チンパンジーは四本の手で物を掴めますので勝手が違います。チンパンの握力は一説によれば300kg程度とも言われていますがその超パワーを活かして木から木にすばやく移動するのが得意であり、人間の脚から背中をよじ登って頭部に噛み付いたり、顔面の鼻や耳などを引きちぎることも容易と思われます。それらを考えると、もしチンパンに密着されて身体をよじ登られたらその時点でマウントポジションを取られるのと同じくらいの「詰み」状態と言えましょう。したがって、人間の格闘家がチンパンに勝つには密着されない遠い間合いをキープしたまま打撃だけで勝つという戦術が必要になります。しかしチンパンの身長は1m未満であり、四足歩行するので更に低い地点を這うように移動しますから、原則的にベルトの位置より高い部位だけが攻撃対象となるボクシング等のパンチ攻撃はすべて無効と言えます。人間の格闘技はあくまでも対人間を想定しており、人間はチンパンのような四足獣とはことなり直立二足歩行動物ですからそうなるのも致し方ないのです。よって、人間の格闘家がチンパンに勝利するためには蹴り技に頼るしかなく、しかもローキック一択ですからローキックの存在しないテコンドー等はこの時点で詰みとなり、戦う前からチンパンの餌食となる運命は見えます。空手やムエタイなどのローキックにしても蹴りの特性として一般的に攻撃モーションが大きいですし、攻撃中は軸足一本で立つ不安定な姿勢を余儀なくされ空振りすると非常に隙が大きい弱点があります。もしローキックを空振りすれば素早く足元に絡みつかれてスルスルと身体をよじ登ってくるはずですから、チンパンを含む四足獣特有のクイックな方向転換を見極めて一発目のローキックを命中させることができるかどうかに勝負は懸っていると言っても過言ではありません。以上を踏まえた上で格闘家側からみた対チンパン異種族格闘技戦の予想勝率を弾き出してみました。なお人間側は平均的人間を大きく上回るエリート格闘家ですからチンパンも雄の最上位クラスのスペックを想定しています。ミルコ、那須川天心 … 期待勝率50~60%ヒョードル、ヒクソン … 期待勝率40~50%サップ、チェホンマン … 期待勝率20~30%メイウェザー、タイソン … 期待勝率10~20%「格闘家」つってもピンキリ過ぎて判断のしようが無いな w w チンパンジーって過大評価されてるほど強くないしなー。流石にヒョードルとかボブ-サップとか世界的に名の知れた格闘家ならチンパンジー如きには圧勝じゃね? w w ミルコとかの1t超の蹴り喰らったら吹っ飛ばされて一撃でチンパンジーは戦闘不能。チンパンジーだろ。牙と爪がありジャンプ力も人と比較できない。ローキック?パンチうけてくれるとは思えない。反射神経も高いから顔面ジャンプされて組み疲れたらどうするの?目や顔の皮膚ズタボロにされるよ。パンチ打って、300kgの握力で拳や前腕握られたら終わりますよ。後、質問取り消すなよ。後、気持ち悪い。格闘家はマネーチンパンジーはバナナで戦意喪失人間のルールで人間に有利な場所で戦えば多分人間が勝つ森林なら100%チンパンジー間をとって金網の試合場試合場に太いロープが数本垂らされてる。人間には利き手にメリケンでやっても多分チンパンジー勝つよ。飛びついて掴んで噛み付くで大体終わる!でも動物をこちらから殴る蹴るなんてしたらダメだよ。そんなことやったら最低だと思う格闘家です。チンパンジーの握力、腕力が人間の数倍強いという理由でやたら過大評価されてますが、チンパンジーが勝つ事など密林ででも戦わない限りあり得ないでしょう。確かにチンパンジーは樹上性が強いため握力、腕力は発達していますが、逆に完全地上性の人間は脚力が凄まじいものです。その破壊力は犬等の小型の動物程度なら骨格を破壊、若しくは内臓破裂させてしまう程です。チンパンジーと格闘家が戦えば、恐らくチンパンジーが掴みかかる前に、リーチや戦闘技能で勝る格闘家が蹴りを入れて勝つでしょう。ミルコ?クロコップなんかはキック力1トンを超えますからチンパンジーが耐えられるようなものではありません。体格でも圧倒的な差があります。贔屓無しに真剣に答えます。一口に格闘家と言っても軽量級?重量級まで様々な階級があります。チンパンジーに対して有効な格闘技は拳打ボクシング、蹴り技、絞め技、関節技などの様々な戦闘技能がある総合格闘技です。これら、様々な戦闘技能を習得してウェイトトレーニングなどで真剣に鍛えまくった熟練の格闘家とチンパンジーに各地で殺されまくってる一般人とじゃあ?、同じ人間でも戦闘力が圧倒的に違い過ぎます。平均的な雄成獣のチンパンジーと戦闘力的に釣り合う格闘家は同じく50kg代の軽量級の熟練格闘家でほぼ互角だと思います。チンパンジーは、握力や腕力が一般人と比べて圧倒的に強いですが、熟練の格闘家からすれば確実に劣るのは握力と牙による咬み付きくらいでその他の戦闘技能、敏捷性、脚力蹴り技などの他の要素でチンパンジーと張り合えます。尚、軽量級?中量級の格闘家は平均的な体格のチンパンジー50?60kgと好勝負でしょうが、ヘヴィ級のトップランカーなら、握力以外の筋力腕力、背筋力、脚力などでもチンパンジーを圧倒する化け物もいます。更に打撃力は400?1000kg超にもなり、ヒョードルを筆頭にミルコやカレリン、サップ、ノゲイラなどの最盛期時代なら平均的チンパンジーには圧勝するでしょう。1t超にもなる蹴り技でチンパンジーの顔面を粉砕するか、絶対に抜け出せない絞め技でチンパンジーを締め上げて圧勝するでしょう。因みにチンパンジーの咬み付きに対してですが、熟練の格闘家は一般人と比べてテストステロン値が遥かに高いため、所詮は雑食獣の咬み付きなど致命傷になりません。首や顔面とかなら別ですが。ヒョードルやミルコなどの最強クラスの格闘家の戦闘力は一般人とは全く掛け離れており、好勝負な動物はヒョウやブチハイエナ辺りです。カール-アケレイと呼ばれる狩猟家が40kgほどのヒョウに絞め技で重症を与え素手で瀕死の状態にした事例もあり、73歳の男性がヒョウの舌をぶち抜いて殺害した事例もあります。四足獣に対して有効な攻撃手段は剛腕による首の締め上げです。因みにチンパンジーは野生下でヒョウを食われており、チンパンジーより遥かに巨大で強いゴリラですら、ヒョウに喰われています。

No comments.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です